年収600万円

年収600万円以上欲しい方

年収600万円以上の求人が増えてきましたが、年収600万円というと、
ボーナス2回分で100万円、月収が40万円位の計算になります。
月収が40万円というのは、かなり高い基本給か、手当てが高い病院になります。

 

民間の病院の場合、給料の差はとても大きく、病院独自の給料の基準があるので、当たり外れが大きいと言えます。
ただ、基本給が低くても、夜勤手当や資格手当てが高かったり、夜勤の回数で給料アップになるケースが少なくなりません。

 

給料が高い医療機関は、大学病院です。
しかし、最新の医療技術を備えている現場の為、看護師の知識や技量も必要になります。
やる気のある方や向上心のある方には、とても勉強になり、向いている職場です。
夜勤の回数にこだわらず、夜勤専従の可能であれば、年収600万円はクリアできる職場です。

 

夜勤専従パートの場合は、夜勤の回数分の給料のみ、それにボーナスのないので、年収600万円は難しいと思われます。
夜勤専従として働くのであれば、基本給+夜勤手当、それに、ボーナスや年休ある、常勤として働く事をおススメします。
ただ、夜勤専従常勤を募集している病院は少ないので、事前に確認しておく必要があります。

 

比較的、新しくて設備が整っている病院は、スタッフを確保する為に、高めに給料を設定してあるケースが多いので、狙い目だと言えます。