看護師 給料

看護師の給料ってどれくらいかな?

看護師の給料は、経験年数が同じでも、働く医療現場によって、給料は大幅に変わってきます。

 

公立、私立、民間、個人などによってかなりの差があり、一年を通すと、数十万円の差がでてくる事も良くある事です。

 

例えば、新卒で、すぐに私立の大学病院に勤めた場合、
新卒にも関わらず、基本給は23万円くらい、そして、初年度の夏のボーナスは、すでに30万円、というケース。

 

同じく新卒で、県立の総合病院に勤めた場合、
基本給は20万円くらい、初年度の夏のボーナスは基本給と同額くらい、というケース。

 

新卒で、民間の中規模の病院に勤めた場合、
基本給は18万円くらい、初年度の夏のボーナスはほとんどなし、というケース。

 

このように、同じ新卒でも、かなりの差があります。

 

大学病院はハードな業務で、日々勉強、休日返上も間々ならない職場です。
その点、県立病院は、残業が少なく、休日も徹底しているので、労働条件は良いと言えます。
民間病院は、スタッフが少ない為、残業が多いわりに、給料が少ない、
というように、環境や労働条件も様々です。

 

給料はモチベーションに繋がるので、とても重要です。
長い目で見て、給料が高く、福利厚生が充実していて、無理のない業務内容である事、
こんな病院が理想です。